×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



子供の叱り方について

子供が何かやってはいけないことをした時には、きちんと叱ることは大切なことです。しかし、「叱る」ことに関して、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。

まず、子供の性格によっては、叱っても大丈夫な子と、そうでない子がいることを知ってないといけません。叱っても大丈夫な子というのは、楽観的な子と情緒的に安定している子です。楽観的な子を叱ると、何度叱ってもあまり効き目がないようです。

そのうち叱っているほうが、ばからしくなってきて、最後には笑いに変わってしまいます。情緒的に安定している子を叱ると、前向きに受け取ることができ、「ごめんなさい」という言葉が素直に出ます。

一方、叱るのに注意が必要なタイプの子は、気が小さい子や、頑固で意地を張る子です。気が小さい子は、叱られるとドキッと驚いてしまい、もう同じことをする勇気が出なくなってしまいます。

頑固で意地を張る子は、表面上は反抗的な態度を見せますが、本当は傷つきやすいのです。このような子は、自分の気持ちを素直に表現することが苦手なのです。

このように、子供には様々な性格の子がいます。お母さんは、自分の子供の性格を見極めてあげて、その子にあった対応をするべきなのです。そして、一方的にがみがみと叱るのではなく、きちんとそうなった事情を聞いてあげましょう。

しっかり事情を理解してあげたら、どうしたら良かったのか、きちんと話してあげると良いでしょう。そうすればきっと子供も理解できるはずです。大人はカーッとなってしまうかもしれません。

でも、ここは深呼吸をして、落ち着いてから子供の事情をよく理解してから、必要に応じて叱るように、お母さんや周りの大人が気を付けていかなくてはいけませんね。



Copyright (C) 子育て悩み解消.com. All Rights Reserved.