×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



子供のしつけについて

親としては、子供の「しつけ」に対して、とても敏感になるのは当然のことです。しかし、ちょっと一生懸命になりすぎていませんか?もちろん「しつけ」は、大切なことです。

しかし、あまりしつけが厳しすぎると、子供はいつか爆発して、登校拒否や非行に走ってしまうことになる可能性があります。だからといって、しつけを全くしなくていいわけではありません。基本的な生活習慣や、人を思いやる気持ちを身につけることは、とても大切なことです。

しかし、子供に対して一方的に教え込むのではなく、お母さんや周りの大人が、行動や態度で表すことが大事です。お母さんが、子供に望むことを、普段から見せるようにするのです。子供は大人を見本としてよく観察しています。だから子供は、自然とお母さんや大人の真似をし、それを身に付いていきます。

また、子供に「〜しなさい!」「これはダメ」というようなことばかり言うのも、あまり効き目はないようです。それよりも、お母さんが悲しんでいること、喜んでいることなどを、言葉に出し多く使っていくことが大切です。

子供にとっては、大好きなお母さんに悲しい思いをさせたくないのは当然です。子供は、お母さんが喜ぶ姿が見たいのです。だから、子供の心にしっかりと伝わる言葉をかけてあげてください。

最後に、自分が子供をしつけないと、いい子に育たないのでは?と少し力が入りすぎてはいませんか?そんな方は、もっと楽に考えてみるべきです。また、子供がうまくできてないのは、親の自分のせいだとは決して思わないでください。

お母さん自信が自然な姿を見せてあげれば、子供は自ら学んでいくはずです。もし失敗すれば、子供が自分で考えて、改善していくでしょう。お母さんも、もっと楽観的に子供と接し、毎日の生活を楽しんでいくことが大切なのです。



Copyright (C) 子育て悩み解消.com. All Rights Reserved.